名産品は大衆店で | 各地のグルメを楽しもう!時にはそこでしか食べれないものを

名産品は大衆店で

お城と緑

日本各地の美味しい物を食べ歩くグルメ旅行、これは非常に楽しいものですが、実際に行っている人の多くは観光地にある料理店に行き、ガイドブックに載っているような物を食べて「美味しかった!」と思い、満足して帰ってきます。
確かにそのような楽しみ方も非常に楽しい物ではありますが、よく考えてみてください……それは本当に現地の人が美味しいと思って食べている物なのでしょうか。

観光地にある観光客で溢れかえるようなレストランというのは、言ってしまえば「万人受けする味」で料理を作っています。
その為、どの料理もおいしいけれどもなんだか無難な味付けなのです。
もし本当に現地の人が美味しいと思い、常日頃から食べているような料理を食べてみたい、という風に思っているのなら、現地の人が家族とご飯を食べにくるような街の料理屋であったり、現地で働いている人が普段からお昼を食べに来ているような街の定食屋のような場所を探し、足を運んでみましょう。

しかし、多くの人はそのようなお店をどのようにして探せばよいのかわからない、という風に答えると思います。
その様なときに非常に便利な物、それは「タクシー」です。
タクシードライバーのように常日頃から街中をぐるぐると巡回している仕事をしている人の場合、各地に自分が美味しいと思っている店であったり、現地の人が何処でよく食事をしているのか、というのを知っています。
その為、タクシードライバーに「観光でこの辺りに来たのですが、現地の人がよく利用する食堂や街の料理屋ってどこに有りますか?」と聞いてみる事によって、現地の人が利用する店舗の場所を教えてもらったり、実際に自分で歩いていくのが面倒なときはタクシーに乗って移動することも出来るのです。